Copyright(C) kikyudo , All Rights Reserved.

nositalgic scenery weaving is memory almost everyday

such as the trip and I invite to trip such as day-to-day

北海道から彼方此方へ

七宝焼は ガラスを主とした釉薬を銅板や銀板に盛り 800℃前後で焼成します
釉薬は 透明・半透明・不透明と質感も多様で
色も豊富にあり 発色もよく輝きに深みがあります

色褪せることも鈍ることもありません

伝統工芸でもある七宝焼特有の色の豊かさや奥深さ 砂糖菓子のようなまろやかな質感をいかし

物語や景色を感じれるような 佇まいと愛嬌のある作品をお届けします

・七宝焼の歴史・

 

七宝とは 仏典にある七つの宝物「金・銀・瑠璃・蝦蛄(しゃこ)貝・瑪瑙(めのう)・珊瑚・琥珀または玻璃(水晶)」を表し その七宝に匹敵するほど美しいことから名づけられたと伝えられています
古くは古代エジプトのツタンカーメン王朝でその同類が見受けられ その技術がヨーロッパにも伝わりシルクロード経由で東洋にも伝来しました

日本でも 奈良・平安時代に作られ 一時中絶したものの江戸時代初期には将軍家で 江戸時代後期には尾張でのちに民業として創められました
明治時代以前は泥七宝と呼ばれるぺったりとした輝きのないものが主流でしたが 現在日本で見られる七宝焼は明治時代に改良され 世界に類をみない独自の工芸品として確立されたものです

 
info

11/1(金)- 5(火)

  高松 watagumo舎「森の集い、林の向こう展」

11/8(木)- 24(日)

  vote for コピス吉祥寺店「コーヒーのための器展」

12/1(日)-

  高松 watagumo舎「天使のタカラモノ展」

12/4(水)- 25(水)

  大阪 runbu「星降るクリスマス展」

12/6(金)- 22(日)

  大阪 ひなた「ブローチ展」

12/6(金)- 25(水)

  vote for コピス吉祥寺店「おくりもの展」

12月

  東急ハンズ名古屋店7F「小さな贈り物展」

 

shop

札幌  板東珈琲
札幌  
comodo

帯広  tane
上士幌 三国峠cafe
由仁  gallery teto²

銭函  Zenibako Style Shop & Gallery

京都  咲楽gallery

大阪  ひなた

高松  watagumo舎

店舗により在庫・種類が違います

詳細は各店舗にお問い合わせください

・4〜11月OPEN

・4〜11月OPEN

 
gallery
 
mail
  • kikyudo
  • kikyudo_
  • blog

info@kikyudo.com からのメールを受信できるよう
迷惑メール設定のご確認をお願いいたします
お問い合わせには1週間以内に返信させていただいております